Personal tools

Document Actions

PgDay 2012 Japan プログラム

by Nozomi Anzai last modified 2012-11-28 10:05

PgDay 2012 Japan
プログラム

時間 メイントラック チュートリアルトラック
10:00 〜 10:10 10 分 オープニング -
10:10 〜 11:20 70 分 【 基調講演 】 Inside the PostgreSQL community - How the product gets built

The PostgreSQL Global Development Group,
PostgreSQL Europe
Magnus Hagander

※ 逐次通訳あり

-
11:20 〜 12:10 50 分 【 M1 】 PostGIS と R の連携による地理・環境データ分析

埼玉大学環境科学研究センター
国府田 諭

-
12:10 〜 13:10 60 分 昼食休憩 -
13:10 〜 14:00 50 分 【 M2 】 進化する PostgreSQL のレプリケーション
~ 効果的な負荷分散とスムーズなデータ連携 ~

株式会社アシスト
高瀬 洋子

-
14:00 〜 14:50 50 分 【 M3 】 PostgreSQL 9.1 でつくる高可用システムにまつわるエトセトラ

株式会社 NTT データ
海浦 隆一

-
14:50 〜 15:00 10 分 休憩
15:00 〜 15:50 50 分 【 M4 】 Postgres-XC クラスタにおける高可用機能

NTT データ先端技術株式会社
鈴木 幸市、ミカエル・パキエ

【 T4 】 PostgreSQL アーキテクチャ入門

アップタイム・テクノロジーズ
永安 悟史

15:50 〜 16:40 50 分 【 M5 】 pgpool-II で PostgreSQL の性能と信頼性を高めよう

SRA OSS, Inc. 日本支社
長田 悠吾

【 T5 】 実践!PostgreSQL 運用

NTT OSS センタ
坂本 昌彦

16:40 〜 17:30 50 分 【 M6 】 HA クラスタで PostgreSQL レプリケーション構成の高可用化

NTT OSS センタ
近藤 光正、松尾 隆利

【 T6 】 EXPLAINING EXPLAIN ~SQLチューニング入門~

株式会社アシスト
田中 健一朗

17:30 〜 18:00 30 分 ショートセッション+クロージング -
18:00 〜 20:00 - 懇親会 -

基調講演

【 基調講演 】Inside the PostgreSQL community - How the product gets built

The PostgreSQL Global Development Group, PostgreSQL Europe
Magnus Hagander

概要

PostgreSQL は企業に依存しないコミュニティにより開発が継続されています。 企業による開発はその会社のポリシーとか時々の経営判断に左右されています。

もちろん、PostgreSQL コミュニティも開発に関しては数多くの異なった役割や 責任分担で構成されていて、それぞれは漠然としてますが互いに連携し合って 担当を担っており、その結果を求められています。それら役割がどのように 影響し合っているのかは複雑すぎて「こうです」とは言い切れません。そこで、 PostgreSQLコミュニティを構成している数々の分担、それがどう機能しているか、 そして皆さんがこれら活動の支援にどう関与できるかについてお話します。

PostgreSQL is built by a community. This differs from much traditional software, which is developed by a company, where the development is controlled by company policies and management. But that doesn't mean that the PostgreSQL software development isn't controlled - just that it's done in a different way.

The PostgreSQL community is made up of many different parts, with different responsibilities, and very loosely tied together. All the different parts are required to deliver the end result, but it can be complex to figure out how they interact. This talk will outline the different parts that make up the PostgreSQL community, how they work, and how you can get involved to help!

メイントラック

【 M1 】 PostGIS と R の連携による地理・環境データ分析

埼玉大学環境科学研究センター
国府田 諭

概要

PostgreSQL / PostGIS で多種大量の地理データを保存していても、デスクトップアプリから 手作業で操作するのは手間が多く、宝の持ち腐れになりかねません。

オープンソースの統計処理言語 R には、豊富な空間分析パッケージと、作図・ファイル入出力等の機能があります。 これと PostGIS を連携させることで、大規模データへの多様な分析を「連続・一括処理」で実現できます。

一例として、全国各地の気温、エネルギー消費、CO2 排出量に関する空間分析事例を紹介します。

※ なお、別テーマにて FOSS4G 2012 Tokyo でも講演予定です

【 M2 】 進化する PostgreSQL のレプリケーション ~ 効果的な負荷分散とスムーズなデータ連携 ~

株式会社アシスト
高瀬 洋子

概要
ユーザニーズに応えてPostgreSQL 9.0から標準機能として実装された レプリケーション。

 

9.0、9.1と進化を続け、最新バージョン 9.2では効果的な負荷分散を実現するカスケードレプリケーションが提供されました。 さらにPostgreSQLをエンジンとするPostgres Plus Advanced Server(PPAS)では、商用RDBMSとのスムーズなデータ連携が可能なxDB Replicationが提供されており、PPAS 9.2からは全サイトで検索、更新処理ができるマルチマスターレプリケーション機能が追加されました。

進化を続けるPostgreSQLレプリケーション機能の全貌をご紹介します。

【 M3 】 PostgreSQL 9.1 でつくる高可用システムにまつわるエトセトラ

株式会社 NTT データ
海浦 隆一

概要

NTT データでは PostgreSQL 9.1 を使ったアプライアンスサービスの提供を開始し、 既に商用システムへ適用しています。

本講演では、アプライアンスの開発や適用事例を通して得た、PostgreSQL のレプリケーション機能の特徴や、 それを取り巻く運用手順や各種ミドルウェアの勘所などを、技術者視点でお伝えします。

【 M4 】 Postgres-XC クラスタにおける高可用機能

NTT データ先端技術株式会社
鈴木 幸市、ミカエル・パキエ

概要

Postgres-XC は PostgreSQL のシンメトリックなデータベースクラスタであり、 テーブルのレプリカと分散を組み合わせて読み書き双方のスケーラビリティを実現しています。 どのノードからもまったく同じデータベースが見え、読み書きも自由にでき、 更新結果は遅延なく他のノードからも参照が可能です。

Postgres-XC ではオブジェクトは異なる構成要素に分散配置することも、 複製を持たせることもでき、独特な障害対応機能を持っています。 構成要素のどれかが傷害になっても、この要素が関係しないトランザクションは 継続実行が可能で、クラスタ全体の運転を継続することが可能です。

講演では、Postgres-XC の概要と、その高可用機能について説明します。 高可用ミドルウェアとのインテグレーションのためにPostgreSQLの機能を どのように使い、Postgres-XC 独自の機能をどのように使うかも説明します。

【 M5 】 pgpool-IIでPostgreSQLの性能と信頼性を高めよう

SRA OSS, Inc.日本支社
長田 悠吾

概要

この 8 月にリリースされた pgpool-II 3.2 の 新機能であるオンメモリクエリキャッシュと、 pgpool-II 自体の単一障害点を取り除く watchdog 機能の実装及び、効果的な構成方法を解説します。

【 M6 】 HA クラスタで PostgreSQL レプリケーション構成の高可用化

NTT OSS センタ
近藤光正、松尾隆利

概要

近年サービスの高度化に伴い、現用系 DB の故障時にもサービスを継続して提供できる 高可用性 DB のニーズが高まっています。

そこで本発表では、PostgreSQL 本体のレプリケーション機能を用いた シェアードナッシング方式の HA クラスタについて紹介します。

本構成の HA クラスタは、従来の共有ディスク方式の HA クラスタと比較して、 共有ディスクが不要なため、安価に HA クラスタを構築できる点と SPOF が無い点が大きな特徴です。

前半の発表では、PostgreSQL 本体のレプリケーション機能について 紹介し、後半の発表では、Pacemaker を用いた PostgreSQL の レプリケーション構成の高可用化について紹介し、最後に HA クラスタの動作デモを紹介します。

Pacemaker と PostgreSQL 本体のレプリケーション機能を用いた HA クラスタについて、 興味のある方、これから学びたい方を対象にした内容です。

チュートリアルトラック

【 T4 】 PostgreSQL アーキテクチャ入門

アップタイム・テクノロジーズ
永安 悟史

概要

PostgreSQL でシステムを構築して実運用をするためには、データベース管理者(DBA)としてある程度内部構造を理解しておく必要があります。本講演では、開発や運用において必要とされる技術的知識について、PostgreSQL の基本的な仕組みからバックアップ&リカバリ、レプリケーションまで、 PostgreSQLの動作原理を俯瞰して解説を行います。

この後の講演「実践!PostgreSQL運用」および「EXPLAINING EXPLAIN ~SQLチューニング入門~」のための前座(基礎知識)です。

(本年2月に開催されたPostgreSQLカンファレンスでの内容とほぼ同等のものになります)

【 T5 】 実践!PostgreSQL 運用

NTT OSS センタ
坂本 昌彦

概要

大規模システムの運用設計を通じて得た実践的な運用ノウハウを、 PostgreSQLの仕様/実装の観点・システム設計観点の両側面から掘り下げます。

主に、サービス停止等の致命的なトラブルを予防するための 運用トピックを中心に取り上げます。

取り上げる項目(予定)

  • 接続数の考え方と注意点
  • メモリ設計と注意点
  • ディスクにまつわる諸課題
  • ロギングにまつわる諸課題

外部仕様だけでなく、実装をもとに少し突っ込んだ説明も含めます。 初級者だけでなく中級者の方にもお勧めです。

【 T6 】 EXPLAINING EXPLAIN ~SQLチューニング入門~

株式会社アシスト
田中 健一朗

概要

SQLチューニングを実施する上で必ず必要になるEXPLAINを解読するための ノウハウを紹介します。

2011年のしくみ分科会で3回に分けて行った勉強会の内容をPostgreSQL9.2の 最新版にアップデートし、重要な箇所にフォーカスした50分のダイジェスト版に 作り直しました。PostgreSQLのアクセスパス、結合について簡単に触れた後、 EXPLAINの読み方を解説し、最後に実際に遅いクエリのEXPLAINを見ながら どのようなところに着目すればよいかをお話します。

You are here: Home イベント PgDay 2012 Japan プログラム